2017年10月12日木曜日

「同じ言葉でも」

クレヨン牧師のミニエッセイ

「同じ言葉でも」
 
 若手牧師研修会が、長野県の松本教会で行われました。この会は現職の牧師たちの自主グループで、神学校を八四年から八八年に卒業した十二名の牧師で構成されています。ということはもう若手ではないかもしれません。
 
 この研修会はとても楽しい会でもあります。また勉強するのが好きな会でもあります。今年のテーマは「原罪論の復興」でした。しかし、なにより夜の情報交換が楽しくてしかたありませんでした。その夜の語らいのなかで、ある牧師が恋愛時代の話しをしてくれました。
 
 「神学生だった自分は純粋で手も握ったことがなかった。あるとき公園のベンチに座っていたときに、何か言わなければいけないような気がしていたけど言うことがなかった。それでも思い切って『今一つだね(いま心が一つになっているね)』と言った。するとしばらくして彼女は、悲しい顔をしながら『私っていまひとつなの?』と言ったんだよね」と話しておられました。みんなで大笑いしました。
 
 同じ言葉でも、伝わり方が違うと大変なことになってしまうものです。自分はそう思っていなくても、間違って伝わっていくことがあります。さて、私たちは主イエスのみ言葉を正確に聞いているでしょうか。正確に聞き取るには何度も聞き返すことしかなさそうです。

2017年10月11日水曜日

「骨髄まで響く」

阿久根ルター君の朝のみ言葉

「骨髄まで響く」

 マルコ 1:11 あなたは私の愛する子、わたしの心に適う者

進学か就職かについて悩んでいる学生からの相談を受けました。自分の思いや、やりたいことを親がわかってくれない。そんな親は親として認められないと。それを聞きながらスリランカの言葉を思い出しました。「子どもに対する親の気持ちは骨髄まで響く。でも子どもはそれを知らない」というものです。親が分かってくれない、親として認めないではなく、きちんと親の気持ちを受け止める努力はしたのかと聞いてみました。子にたいする親の気持ちは骨髄まで響いている。それをわかった上で、自分の考えを相談したらと話しました。

 イエス様の公生涯は洗礼を受けることから始まります。マルコによる福音書では、人が洗礼を受けるのがごく自然なように、イエス様も「ヨルダン川でヨハネから洗礼を受けられた」としか書いてありません。マルコは、人としてあたりまえの出来事であるようにサラッと記しています。ただ重要なことは、そこで神様の言葉「あなたは私の愛する子」があることです。イエス様は「神様の子」であることの宣言が、私たちの信仰にとって一番大切であり、はじめに示されたことなのです。

「小さな親切の花束」という本で次ぎのような文章を見つけました。「小学校入学の時のこと、初日とあって小さな男の子が泣き出してしまいました。私はすぐにそばに行き「大丈夫?」と抱きしめてあげました。ところが先生は「席にもどりなさい」と強く注意したのです。子供心に「なんという先生だろう」と思いました。もし家で私が泣いていたら、必ず家族の誰かがそばにいて抱きしめてくれたからです。先生はその子をほっとくように言いましたが、わたしはやめませんでした。ある日学校から母に手紙がきました。「お子さんは礼儀知らずで反抗的で、もめごとを起こす問題児です」と。母は私をよび何があったかを聞いてくれました。そして母は先生に次のようにいいました。「うちの子は、まわりの人に思いやりをもって接するように教えていてそれは変えられません」と。そしてさらに「人の痛みを感じやすいこの子の性格に先生が慣れていただくしかありません」と。もう72年前の言葉ですが私の人生の支えとなっています。」

イエス様は自分が神様の子であること、神様の心に適う者であることを受けとめておられました。その骨髄にまで響く親の心をわかっておられます。その御心が十字架の死であっても、み心に添ってその道を歩まれたのです。神様は私たちも子としておられます。そのみ心は知ることを始めたいと思います。

2017年10月10日火曜日

「偉大な書家の色紙?」

クレヨン牧師のミニエッセイ


「偉大な書家の色紙?」
 
 結婚式に来られた方が、礼拝堂の扉の前で話している声が聞こえてきました。その声をきいて吹き出してしまったのです。その方たちはこのように話していたのです。
 
 「この色紙は誰の作品だろうね。はなみという書家がいたっけ」と。
 
 みなさんはお分かりでしょう。献金箱が盗まれてから、その場所がさみしくなったので、娘に「イエスさまおまもりください」と書いてもらった色紙なのです。(拙著「神様の色鉛筆」の裏表紙)
 
 さて改めて見直してみると、下手な字なのだけれどそれなりの味があることに気がつきました。そして見ているうちに、なんとなくそれらしく見えてきて感心してしまいました。素朴さというか、飾り気がないないというか。
 
 なぜ純粋さが伝わってくるのでしょうか。きっとそれは、人に認められたいとか、上手に書きたいとか、そのような気持ちがないからだといえます。娘は好きで書いているのです。たったそれだけのことなのです。
 
 私たちはなぜ主イエスに従うのでしょうか。「イエス様が好きだから」。それだけでよいと思います。まずそこからです。私たちの主イエスを思う純粋さが人を主イエスへと導いていくのです。

2017年10月9日月曜日

「深めていく愛」

阿久根ルター君の朝のみ言葉

「深めていく愛」

ユダ  1:2 憐れみと平和と愛が、あなたがたにますます豊かに与えられるように。

フランスの言葉に「愛はいつも、いっそう深まっていくか、だんだん冷えていくかのどちらかである」というのがあります。この愛は、恋愛のことか、結婚生活のことか。または、家族、友達のことをいっているのか。どちらにせよ「愛」を深める努力をしなければいけないことを教えているのでしょう。さもないと「だんだん冷えていく」のです。

 ユダの手紙の挨拶の言葉です。手紙を書くときはまず「挨拶」を書きます。使徒たちの手紙でも同じです。しかしその挨拶は季節のものではなく、自分は何者で、キリストとの関係はどうであるかを示し、さらに祝福を与えています。この祝福の中で「愛」がでてくるのはユダの手紙のみです。キリストの守られている人々に「憐れみと平和と愛」が「ますます豊かに与えられ」るように、というのです。

ふと本棚に目を向けると一冊の本がありました。「神がふれてくださった」というものです。その中につぎのような話しがかいてありました。「かって私は、歌手であり俳優でもあるメリー・マーティンが幕の上がるまえに舞台のそでに立ち、観衆の方に向かって両腕を差し伸べ、『あなた方を愛します、あなた方を愛します、あなた方を愛します』と繰り返したという話を読んだことがあります。彼女はそれから合図によって舞台に上がり、愛する人々のためにすっかりリラックスして演じたり、歌ったりすることができたというのです。それは愛の行為だったからです」

 私たちは愛を深めることをしているでしょうか。どうすれば深まっていくでしょうか。愛の反対は「無関心」とは、マザー・テレサの言葉です。お互い大切な存在として関心をもち、深まっていくキリストの愛を感じていたいものです。