2017年9月26日火曜日

「祈ることを伝える」

クレヨン牧師のミニエッセイ

「祈ることを伝える」
 
 夏休みに遊びすぎたのでしょうか。娘が三十九度の熱をだしてしまいました。いつもなら元気に飛び回っているのですが、さすがにぐったりしていました。こんなとき、親は無力なのだとつくづく思い知らされます。「お父さん苦しいよ」「頭が痛いよ」と訴えるのですが、その苦しみを何ともできません。変われるものなら変わりたい。そばにいて「苦しいね」「痛いね」といって頭をさすってあげるのが精一杯でした。
 
 ところが、神様は不思議な方法で助けてくれたのです。その方法は「祈り」でした。苦しみから助けて下さるのは神様です。そして祈るのは自分自身でしかないことに気がついたのです。
 
 父親として娘に伝えられることは、「お父さんは残念だけれど、あなたの苦しみを癒すことはできない。お医者さんに連れていくことはできるけれど、いまは真夜中だからそれもできない。でも、あなたにはイエス様が一緒にいてくれる。病気から救って下さるのはイエス様だよ。祈ってごらん。イエス様が助けてくださるとお父さんは信じているよ」ということだけでした。
 
 娘は泣きながら、自分の口で祈ったのです。「イエス様。苦しいです。痛いです。助けてください。アーメン」。すると熱は下がってしまったのです。私はなんて幸せな父親だろうと思いました。悩み苦しみのとき、神様に祈ることを娘に教えることができたのです。一番大切なことを伝えることができたのです。

2017年9月25日月曜日

「主が必要とされる」

阿久根ルター君の朝のみ言葉

「主が必要とされる」

マルコ 11:3 『なぜ、そんなことをするのか』『主がお入り用なのです』

心理学者のユングがある書物のなかで、「人間の幸福の条件」として五つのことをあげています。第一に「健康」、第二に「自分でほどよいと思う程度のお金」、第三に「美しいことを知る能力」、第四に「人間関係」。そして最後の一つは「朝起きたときにやらねばならぬ仕事があること」です。はじめの三つはいつも言われることですが、あとの二つは軽視されていることです。ほんのわずかの働きでも、何か必要とされている。それが私たちを本当の幸福に結びつけるのです。

奉仕が私たちを幸福にしてくれるのは、こんな私でも必要とされているからです。

イエス様がいよいよエルサレムへ入場される場面です。神の子として、王としての入場ですからさぞかし華やかだったかといえば、そうではありません。この入場に必要とされたのは「子ロバ」でした。旧約聖書の預言の成就ということもありますが、「主が必要とされる」ということに注目したいと思います。

さて「いかに伝道するか」という講演会のお手伝いをしていると、帰りぎわに信徒の方から声をかけられることがあります。その中で多いのが「どうしてそんなに伝道しなければいけないのですか」という言葉です。はじめは、本気でおっしゃっているのだろうかと思いました。しかし、このように思っている人達が多いことに気がつきました。きっと、生活や仕事に忙しいのです。それに加えて伝道なんてとても出来ないと思っておられるのです。伝道はきついものだ、辛いものだ、時間がかかるものだ、お金がかかるものだ、という考えが多いのです。牧師からも同じことを聞きますから「どうしてそんなに伝道しなければ」となるのでしょう。そんなに数を増やさなくてもよいと。しかし、伝道は喜びの出来事を伝えることなのですが。
 
 なぜ伝道するか。答えは「主が望んでおられるから」です。これが本当の答えになっているかどうか疑問です。主が望んでおられても、「わたしにはできません」と答えているかもしれません。それでも「主は望んでおられる」のです。この教会での働きも主が望んでおられる働きです。そこに思いを集中してまいります。

2017年9月23日土曜日

気ままな休日・モーツアルトのランチ

広島にある
バッケン・モーツアルトのランチ
なかなかボリュームがあって
かなら美味しかったですよ!

2017年9月21日木曜日

「十字架の歳となって」

クレヨン牧師のミニエッセイ

「十字架の歳となって」
 
 八月三十一日で「三十四歳」になりました。朝起きて鏡の前に立ち、不思議な感じがしました。自分がこんな歳になるなんて思ってもみなかったからです。しかも、実は主イエスの十字架の歳と重なったことがわかったからです。主イエスが宣教に立たれたのは、およそ三十歳だったと聖書に書かれてあります。それから三・四年が活動期間でしょうか。すると私の歳が十字架の時となります。主イエスがこの世で生活された歳まで生きてしまったという感慨があります。
 
 自分が十字架の歳になって思うのは、主イエスの成熟度のすさまじさです。やはり神の子イエスです。いままでは遠いイメージとして捉えていた十字架がすぐそこに感じられました。そして、主イエスは神様なのだという確信が与えられたのです。
 
 主イエスの救いは完全です。あの十字架で終わったわけではありません。すると、私達が主イエス以上に生かされているということは、主イエスの救いを完全に受け継いでいくことが役目なのだと言えます。それを、まだ主イエスを知らない方々へ伝えていくことなのです。
 
 新しい命としての「三十四歳」を迎えました。このとき、また再び新しい気持ちで宣教へと立ち上がる信仰を受けました。感謝。

2017年9月20日水曜日

「宣教は刈り入れ」

阿久根ルター君の朝のみ言葉

「宣教は刈り入れ」

ヨハネ 4:38 あなたがたが自分では労苦しなかったものを刈り入れるために、わたしはあなたがたを遣わした。

教会の椅子をきちんと並べることが牧師の仕事」と、先輩の牧師に教えられました。その言葉を聞いて25年がたちます。まだ新卒だった私にはピンとこず、もっと大切なことがあると思っていました。牧師と召されて26年目を迎える頃になって、あの牧師の言葉がずっしり響いてくるのです。教会の椅子は礼拝が終ると乱れます。そのままにしてお茶を飲んでから並べればいいのですが、いつ誰がそこでお祈りされるかわかりません。神様にお祈りするとき椅子が乱れていたらどうでしょうか。初めて教会にきてそのとき椅子が乱れていたらどうでしょうか。そこに神聖さを感じるでしょうか。教会の椅子を並べることは、いつ誰が来られても神様と出会えるように配慮することだといえます。この配慮ができるか、宣教する教会とはそこに集う一人一人がそれをいつも考えていることです。

イエス様は『宣教は刈り入れである』。この視点は私を驚かせました。また、新しい宣教への夢を抱かせてくれました。 ある本のなかで、社会学者の方がこのことを指摘され、ピンと心にくるものがあったのです。 私たちは今まで教会の宣教を考える時、それは『種まき』だと考えてきました。ある意味ではそうやって自分達を慰めてきたのかもしれません。いつか芽がでるから、神様の計画のなかにあるからといっては御言葉の種を撒き続けることに主眼を置いてきたのです。

ところが、イエス様は宣教について『種まき』といわれたことはありません。ヨハネ福音書でも「あなたがたは自分では労苦しなかったものを刈り入れるために、わたしはあなたがたを遣わした。」といわれているとおりです。種は十分まかれている。刈り入れもせずに、まだ種まきだといって何もしていないのではないかと思うことがあります。

教会の宣教は、種まきではなく刈り入れである。いったい刈り入れとは何でしょうか。神様の業がここにもあそこにも刈り入れを待っている。ミッション系の幼稚園、学校に通った方々の数はどれくらいでしょうか。キリスト教に一度でも触れたひとはどれくらいいるでしょうか。刈り入れをまっているのに、そこに届くみ言葉を語っているか。教会の敷居は高くないか。誰を招き、誰と共に生きていくのか。もういちど宣教について考えてみたいものです。